2015年04月11日

NHK「ブラタモリ」 3年ぶりレギュラー復活も雪に見舞われる

スポンサードリンク


 NHK「ブラタモリ」が11日に放送され、約3年ぶりに復活した。

buratamori1-1.jpg

(C)NHK

 復活第一弾は坂の町・長崎を紹介。タモリは「『ブラタモリ』レギュラー化の第一発目ですが、春の感じを出そうと長崎にやってきましたけど、雪です」と紹介。実際に吹雪だった(3月10日収録)。タモリが長崎を訪れたのは、小学校の修学旅行以来で、実に60年ぶりだという。

buratamori1-2.jpg


buratamori1-3.jpg


 ちなみに、今回からSMAPの草なぎ剛がナレーターと務め、「タモリさんのマニアックな町歩きを一緒に楽しんでいきましょう」と紹介した。

buratamori1-4.jpg


 長崎の町を堪能するタモリ。ドンドン坂では、「石をくりぬいたU字溝は初めて見た。贅沢ですね。これスゴいわ」と大興奮。

 番組の中盤には、訪ねた町のちょっと気になるものを掘り起こす「ブラタモリ ふるさと コレクション」のコーナが放送され、昭和23年8月22日のニュース「ネズミ島の大行列」を紹介。そのニュースは、なんとタモリが3歳の誕生日の時だった。

buratamori1-6.jpg


 そして、後半戦では、長崎の地下に潜入。明治19年に大浦川に架けられた石橋が戦後に道路の幅を広げた時に埋められた場所に向かった。

 タモリは「面白いですね。長崎の町は時代時代で。しかも急速に1500年後半ぐらいから盛り上がって歴史の舞台に登場するワケですよね。それで、埋め立てて。現代に行く過程がよくみえましたね」と感心。

 また、「石畳の古い坂やっぱり新しい坂とは違いますね。全然、味わいが違う。それからこの長年ジッと隠れて支え続けてきたこの石橋さん。大変な物ですよ」とリスペクトし、「面白いですね。そうやって町を歩くと。どこかに痕跡っていうのは必ず残っているものですからね」と歴史を振り返ることの楽しさを語った。

buratamori1-5.jpg


buratamori1-7.jpg

スポンサードリンク

posted by バキマ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | お笑い芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブラタモリ(NHK番組)に長崎の池島炭鉱や三菱重工長崎造船所が登場する模様です!(長崎県長崎市)
Excerpt:  NHKのブラタモリの番宣(番組宣伝)を拝見していて気づいたのですが、次回、20
Weblog: カミタク・ブログ
Tracked: 2015-04-18 02:40
Fペシア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。